2015年05月08日

これまでのこと


子供の時、股関節脱臼だった私。
足の開脚が出来ず体育の跳び箱やマット運動は本当に苦痛だった。
そのせいか足も遅く運動音痴だったし。
左足はいつも痛かった。
でも特に病院に通院することもなく
この痛みは慢性的に仕方のないものだと思って過ごしていた。

その痛みが増してきたのは10年位前。
足がしびれたり寝てる時も痛かったり
歩き出す1歩目に力が入らずよろけそうになったり。
長く歩くと痛みがひどくなってきた。

そんな時テレビで「変形性股関節症」という名を聞いて
きっと自分もそうかも?って思い始める。
一度病院へ行かなきゃと思いつつ
行って手術って言われるのが怖くてなかなか行動に起こせず・・・
日にちがどんどん過ぎていった。

そして今年5月初め
座ってても痛かったり、ほんのちょっと歩く時も痛みが増して
もう自分を誤魔化していられないなーと切実に思った。
どこの病院へ行っていいかもわからなかったんだけど
ちょうど相方hiroが腰痛で近所の整形外科に行ったと聞いて
私も同じ病院へ行く決心をする。

で、案の定「変形性股関節症」と診断された。
左足は軟骨も減ってしまってて
そのせいで痛みがひどいと言われ
右足も同様の初期段階とのこと。
10年痛みに耐えた分
医学も発達して人工関節もよくなってるからと
人工股関節の手術を勧められた。
私の場合両足手術が必要だから2か月くらいの入院らしい。
でも痛みをとるには、もうそれしかないと言われ
手術って言われるのを怖がっていた私のくせに
痛みがなくなるなら手術して欲しい!と思うくらい
ほんとに痛みが強くなっていたから・・・

2つの病院名を挙げてもらい、
家族と相談してきてくださいって言われた。
実は旦那が先月健康診断で糖尿病と言われ
現在食事制限中。
カロリー少なめの献立を考えて作ってるんだけど
そんな時に私が2か月も入院しちゃったらどうなるんだろう?
コンビニ弁当や外食への不安。
洗濯も掃除も大丈夫かな〜
まあ子供たちももう成人だし
旦那も大昔に一人暮らしの経験もあるし
なるようになる、かな。


posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

紹介状



診てもらった整形外科に行き

専門医での手術の方向でお願いしますって伝え

紹介状を書いてもらう。

候補に挙げてもらってたのは大学病院と、隣の市の総合病院。

旦那は大学病院の方が安心って言ってたけど

隣の市の総合病院を紹介していただいた。

・・・これにはちょっとしたやりとりがあったというか

初診を受ける前の予約の電話の対応がすこぶる感じの悪いもので

大事な手術をお願いする気持ちになれず

一旦は大学病院で決まりかけてたのを取りやめて

総合病院にお願いすることに(^^)

私も電話応対の仕事なのでね、我が振り直せって気持ちになった。

うん、電話の相手を思いやる応対って大事!

その点、総合病院の電話受付の方の優しさが嬉しかった。







posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

職場


現在9名でシフトを組んでいる。
配置人数がギリギリ。
全員が主婦で、扶養の範囲内での勤務なので
繁忙期に出勤日数が増えたり残業になっちゃうとアウト!
なのに私が手術して欠員が出たらどうなっちゃう?って不安もあり
上司に恐る恐る報告した。
お休みをいただけるか、辞めなきゃダメか・・・

ありがたいことに辞めなくてもOKって言ってもらってホッとしたけど
周りの同僚の負担を思うと複雑。
休む分際で強くは言えないけど
もともとギリギリでやってきたんだから
ここはひとつ新しく人を増やして欲しいな〜
募集してもなかなか応募がない現状らしいけど。

心苦しいけど長期お休み、ありがとうございます。
よろしくお願いします(^^)/

posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

2か月後に


紹介状を持ち、総合病院へ行って来た。
初診が完全予約制なのですごく待たされることもなく
受付を済ませてレントゲン室へ。
レントゲン室の前には60〜70代と思われる女性が数名。
会話が聞くともなく耳に入ってきてしまったけど
みな人工股関節の手術をした方のようで
術後の検診に訪れていた様子。
術後どれくらい経ってるのかまではわからなかったけど

看護婦さんとのやり取りで
階段の昇り降りは?
長く立っていられる?
歩く時の痛みは?等の問診にも
「全然大丈夫。問題ない。痛くない」
それぞれが元気いっぱいに答えていて
みな明るい。
その姿を見て、手術の不安が少し和らぎ
私もそうなれたらいいな〜
早くそうなりたいな〜と思いながら順番を待つ。

レントゲンの後、いよいよ先生との初対面。
病院のHPでお顔は拝見していたし
その先生に手術してもらった方のブログも読んでいたので
初めて会うって気持ちではなく
全面的に信頼してお任せすることになんの躊躇いもなかった。

先生曰く、レントゲンと足の開脚等の状態から
両足同時の手術が望ましいが
通常は片足1時間で済む手術も
進行してる左足は2時間、
初期の右足も1時間半くらいかかるだろうとのこと。
本来なら1日に3人(3脚分)の手術をされるそうだが
私の手術に時間がかかるため
他の人の予約の入ってない最短の日が7/15
ちょうど2か月後。
もっと先にしますか?と言われたけど
もう1日でも早く元気になりたいと思って
「7/15でお願いします」と言った。

手術日が決まれば次はその他の手続き。
先生が目の前で麻酔科の先生に連絡して7/15の予約を入れた。
入院は2日前の7/13
手術に向けて輸血が必要になるので
事前に自己採血をしてストックするとのことで
その採血日の決定 6/12.6/23.7/3
1200CCを3回に分けて採るらしい。
もし手術中に800CC以上の出血があったら
その時は両足ではなく、もう片足は後日になるとのことの説明も。

自己採血前に血の止まる時間を計ります、と耳たぶに針を刺して検査。
3分11秒と書いてあったけど、早いの?遅いの?
あとは胸部のレントゲンと心電図もとってきた。
次回は骨密度の検査、肺機能の検査、四肢エコー等。

最後に入院に関しての説明を受けて本日は終了。
帰り道、家族に手術日が決まった報告のメールを打つ。
レントゲン室の前にいた方たちのように
笑ってスタスタ歩けることを夢見ながら・・・


posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

明日は


手術に必要になる血液を事前にストックするために
自分の血液を採血する日。
私の場合、400ccを3回分で1200ccストックするといわれてて
明日はその第1回目。
元々若いころは献血も何度かしたし
血液検査等にも特に拒否反応もないし
貧血もないので
たぶん大丈夫!って思ってるけど
先生曰く3度目あたりには貧血になるよ〜って言ってた。
だからこれからの1か月は特に食事も気を付けなくちゃね。

それ以外では病院で言われたように
歯医者さんへ行って来た。
歯周病等があるとそこから体内に菌が入ってしまうらしい。
幸い現在虫歯はなくて
ただ歯並びが悪く磨き残しが出来てしまうと
そこから歯周病になってしまうらしいので
歯磨きの仕方を改めて教わってしっかりケアしてる。

あと健康保険組合に
「限度額適用認定証」の申請をした。
5/19に書類を送って
5/22に認定証が届いた。
仕事が早くてビックリ!(^^ゞ

それと市役所へ行って
障がい者手帳を申請するための用紙ももらってきた。
これは明日病院へ行ったら先生に渡して書いてもらうんだって。

前回から約1か月での覚え書きはこんな感じです。

posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

自己血@


自己採血の1回目。
病院では自己採血じゃなくて自己血って呼ぶんだけど
なんだか慣れなくて戸惑う。
今日はその自己血を採る前に検査もいっぱい。
心電図や肺機能の検査、下肢のエコー等々
でも前回も思ったけど特に待たされるってことはなく
スムーズにこなしていった感じ。
それらが終わって、いよいよ自己血。
自己血は入院する病棟で行われるので
初めてエレベーターで人工関節科のある2階に上がる。
来月はここに入院するんだ〜と思い
ちょっときょろきょろしちゃった。

採血はベッドに横になって
所要時間は15分くらいだったかな〜
あ、採る前に血圧を計ったら
いつもは上が100切るくらいなのに120もあった。
緊張してたせいなのかな?
何度も「気分はどうですか?」って声かけてもらったけど
特に変わりなく「大丈夫で〜す」って答えた。
私の採血が終わるころに隣のベッドに自己血の方が来て
並んで採血、お隣の方は2回目と言ってた。
そのあと糖分?の点滴を打った。
採血よりも点滴の方が時間かかったような・・・
で、点滴中にお隣の方が話しかけてくれて
同じ手術を控えてる者同士、すごい親近感(^^ゞ
私よりも2週間早い手術らしいけど
入院期間は一緒になるので
またねって言って別れてきた。
あ、その方は山梨から来てるって言ってた。
全国からこの病院へ来てると聞いてたけど
すごいことだよね〜
お互いに元気になって退院する日を迎えたいです。
って気が早いか(^^ゞ
そんな出会いもあってちょっとほのぼの?でした。
最後に貧血防止の注射と鉄剤の薬を処方してもらって来ました。
次回の自己血の時に病棟の案内をしてもらえるそうです。

posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

自己血A


前回の採血から10日。
2度目の自己血の日。
今日は採血の前にレントゲンと骨密度の検査もあった。
でもまあ結果を告げられるわけじゃないので
どんな数値かは不明だけど。
骨、すかすかだったらどうしよう(^-^;
検査もスムーズに終わって自己血のために病棟へ行ったけど
こちらの予約時間は午後になってたようで(検査結果の関係なのかな)
先に病棟内の案内をしてもらった。
入院までまだ3週間あるのできっと聞いても忘れちゃいそうだけど
2か月滞在してたらいやでも慣れるよね。
説明を受けてもまだまだ時間があったから
また午後来てくださいね〜って言われて一旦病棟を離れた。
駅まで戻ろうかと思ったけど
自己血前でお昼もパン1個程度にしてって言われてお店に入ることも出来ないし
無駄にブラブラするには足が痛くて気が進まず
結局院内のコンビニでパン買って入口のベンチに座って
音楽聞きながらボ〜と約2時間過ごすことに(^-^;

13時過ぎに再び病棟へ。
前回同様 15分くらいで採血が終わり
点滴と注射もしてもらい無事終了。
次回は7/3に3度目があります。
それが終わればいよいよ入院だー
必要なものも、そろそろ揃えなきゃね(^^)/

posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

自己血B


3度目の自己血を採ってきました。
貧血気味になるかも〜と言われてたけど
特に問題もなく無事に終了。
次に病院へ行くのは10日後、入院の日。
前回からも10日間あったけど
結局入院の準備は全然とりかかってなかったので
ちゃんと用意しなくちゃ。

あ、身体障がい者手帳の申請のための申請書も出来たので
来週中に役所に持っていく予定。
ほんとは今日行きたかったけど
雨がひどくて断念しちゃったから。
そういえば、自己血採りに行った3日間とも
雨だったんだよね〜
大雨は今日だけだったけど
3日間とも傘持って行ってたし
看護士さんに「雨女ですか?」って言われちゃった。
本人そんな気は全然なかったけど・・・
入院の日は雨じゃないといいなー

posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

私の初日


初めて受診した日から 早2ヶ月。
今日入院しました。
キャリーバッグにGravityのバッグとポーチ
まるで遠征に向かうかのような出で立ちでやってきました(^^ゞ

そしたら病室が、251室(^o^)

私、二人に守られてる?と勘違いしてしまった。

昨日は光ちゃんの初日。
素敵なコンサートだったようで
その光ちゃんに続くように
今日は私の入院初日。
そして剛くんの初日が手術日。
手術は先生を信じてるから
全然不安じゃない。
むしろ術後のリハビリが心配だけど
冬のKinKi コンという目標に向かってがんばるのみ!

まだ今日はやることも少なくて
ベッドの上でKinKi Kidsを聞きながら
比較的のんびりしちゃった。

明日は麻酔科の先生の話を聞くんだって。
ちょっとだけ緊張だな(^^ゞ


posted by ユリピー at 21:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

日々、前進中


ご無沙汰してます。
もっとも以前からご無沙汰だらけでしたけど
このたび、人生初の手術をしてきました。
というか現在入院中です。
追って、かねてから書いていた病状はUPする予定です。
まあ興味はないと思いますが
自分の記録として。


15日朝、9時から5時間の手術でした。
持参したCD、鍵のない箱をかけてもらい手術室へ。
若い看護師さんたちに「KinKiファンなの?」「KinKiいいよね」なんて言ってもらいながら
「治してドームへ行くのが目標です。」って声を大にして言ってた。
それは自分への決意表明。
冬コンに間に合うようにソロコン諦めたんだもんね。

でも私、ちょっと楽天的に考えてたかもしれない。
リハビリ大変とは頭ではわかっていても
それは想像以上の激痛で(>_<)
手術日はそのままICUへ入り
術後1日目16日の午後ナースセンターの中にある病室HCUへ移動して
それはもちろんベッドごとの移動だから苦ではなかったけど
夕方からリハビリ開始。
初日は車椅子に乗るのが目標。
足の傷よりも、太ももが突っ張るのと足先に力が入らなくて
ぎゃーと叫びたくなる激痛。
スタスタ歩くための手術だったのに立つこともままならない私、
どうなっちゃうんだ?!
っいうのが率直な気持で。
悲壮感が漂ってめっちゃブルーで…
そんな中、待ちに待ったMコンBlu-rayの発売お知らせが来てたんだね。
嬉しいけど喜ぶ余裕がなかった。

術後2日目17日
朝、お見舞いに来ると言う実家の父に断りのメール。
立つことも出来ない姿は見せられないって思って。
娘も頻繁に様子を気にしてくれてLINEくれる。
朝は私もまだブルーだったから
お見舞い来ないでって連絡したんだけど…
午後看護師さんから立ち方のコツを伝授していただいたら
辛いながらも立てた!
ケアマップにも2日目から看護師さんの介添えの元、車椅子へ移動出来るようになるって書いてあった。
ってことは私、順調かも?
単純な私は元気が出てきた!

夜は娘から夜ご飯作ったよ〜と写メ付きのLINE
ちゃんと家族の分まで作ってくれたんだって。
仕事から帰宅して作るのは大変だから
私のいない期間は外食、買い弁してねっていってたんだけど
慣れないながらも頑張ってくれてるようで
いままでは私が過保護でやらせてなかったのかもって、反省。

洗濯は手術前日に息子から、洗濯機の使い方聞いてきたっけ。
みんながんばってくれてるんだね。感謝。

そして今日
術後3日目18日
昨日より確実に車椅子の移動が上手になった!
さらに自分で車椅子で洗面へ行き歯磨きも(^_^)v
久しぶりにコンタクトも入れて
介添えの方にシャワーも入らせてもらえた。
あースッキリ。
毎日一歩ずつだけど進歩してるかな。
そう思うと元気が出てくる。
こうしてブログを書こうと思えることが最大の進歩だものね。
もちろん順調に進むばかりじゃないだろうから
また凹むことが何度もあると思うけど
焦らずにがんばろうと思います。


posted by ユリピー at 16:22 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

マジックハンド


入院の必須アイテムにマジックハンドがあって
おもちゃ屋で売ってるらしいんだけど
みんなと同じのはいやだなーと思って
入院前にAmazonで見つけたマジックハンドをGET
ピンクで可愛いくてお気に入り。
看護師さんたちにも可愛いね〜って好評。
ちょっと鼻高です(^^ゞ

今日は術後5日目
娘の面会あり。
昨日よりまた少し前進。
まだベッドからの乗り降りは出来ないけど
車椅子回りは看護師さんに見守って貰う→自立へ
ランクアップ☆嬉しい(^_^)v


posted by ユリピー at 23:57 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

退院前夜


明日で術後30日目
やっと退院します。
最初の凹みと、
ちょうど2週間を過ぎた辺りでの凹みを経験したけど
とりあえず両杖での歩行には合格点をもらえたので
自分なりに自信を持って退院出来ます。
ただ退院が決まってからは
実生活はほんとに出来るのか?って心配も出て来て
こればかりは頭で考えてもわかり兼ねるから仕方ないんだけど
目下の心配種は、洗濯機から洗濯物を出し、かごに入れて運ぶこと。
両手に杖だからどうやってかごを持つ?
頭をひねって出た答えはかごに紐か取っ手をつけて背負う、
病院内もすべてリュックや袋に入れて背負ってたから、
やはりこの方法しか思い付かなくて…

私の病室、251号室は4人部屋で
私は約3週間強もこの部屋に居たけど
入れ替わりはいろいろあった。
骨折でプレートを入れる手術で3泊で退院した人は年も近くて
今もリハビリに通ってくる度に顔を見せてくれるので
なんだか昔からの友達みたいな錯覚も(^^ゞ
でも彼女の存在はほんとありがたかった。
全般的に年配の方が多くて、話しはするけど気を使うことの方が多くて(^_^;)
同世代と話すっていいよね!

同じように股関節の手術をした同世代も何人かいたので
ほんとはそういう方と同室になりたかったな。
最後の数日になってから
廊下やリハビリ待ってるときに少し話をして
相手も同じように感じていたので
そこからアドレス交換したりして
退院後も近況報告や相談などできるようになったのは嬉しかった。
みんな一人じゃ心細いから、仲間ってありがたいもの。

まーいろいろあったけど
とりあえず明日、退院します。


posted by ユリピー at 22:00 | 人工股関節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン